FC2ブログ
2020.07.28

フォントネー修道院の回廊最後の写真

はい、最後の、後ろに下がってもう一枚。
これで良し、おしまい。
どれか、一つぐらい、いいのがあるだろう。
フォントネー修道院回廊 回廊の中で下がって、手前回廊部と中庭の緑と向こう側の回廊部
手前と奥が入っている方が、いい写真が多かった気がする。
でも、これは、適当にシャッター切った感じが、出てますね。
前後左右ばかりに動いてましたが、これ、しゃがんで、手前の床も入れて、広角で撮ったらどうだっただろう。
そう思いますね。
時遅しですが。
もっとも、その出来上がりが完全にイメージできない。

ただ、今もって、出来上がりがイメージできていないのだから、しゃがんだところで、次いつかしらの回廊も、失敗と首傾げが、続きそうだ。
センスない分、多くのアングルを、撮って撮って、後から考えるしかないですね。
もちろん、他の人の写真や絵を見ることも大事かな。
スポンサーサイト



2020.07.15

フォントネー修道院回廊 前景柱と後景柱

明らかな前後の風景を撮って、奥行きを出そう。
そう思ったんでしょうね。
確かに、空気感は伝わるものの、そのままが撮れたって感じです。
そのまんまなのだから、伝わるっていえばそうだけど、なんか、見ているだけで、そうぞ膨らむような、写真にしたいよね。
フォントネー修道院回廊 前景の影の柱の間から後景の明るい柱
回廊、回廊、回廊の、豆鉄砲連射は続く。
2020.07.06

フォントネー修道院 回廊写真 中庭と外と

少し移動して、回廊の中庭と手前の壁を入れつつ写真を撮ってみた。
外の林も写っていることで、なんだか、とても広々とした空間で、中庭自体が、平たい空間となった。

そとの林が、比較対象として存在しているために、高さを感じないことと、外を感じるだけに、秘められた感がないからでもあろう。
フォントネー修道院 中庭を十字に走る道と外の林も入れた回廊写真
こちらが意図した写真ではないかもしれないが、あれやこれや下手な鉄砲を撃っている中では、まあ、雰囲気という的にだけは中ったかもしれない。

実際、なんだか秘められた静寂に包まれた回廊を撮ってみたいものなんですが、いつかの偶然を待ちましょう。

中庭の芝を縫って、十字に走る道。
その脇の芝の盛り上がり具合、立体感が、なかなか良かったなぁ。
自己満足。
大好きな京都法然院の砂山を思い出すのですね。
2020.06.25

フォントネー修道院の回廊の向こう正面を撮る

惰性で、ネタ探しが続く。
どうやって撮ったらいいかを考えることを中止し、撮っていないアングルを撮るを続けてゆく。
向こうの正面をかくだいして撮ってみようか!
ネガティブを通り越して、ポジティブに作業が続く。
あくまで作業になってしまっているのだが・・・。
フォントネー修道院の回廊 中庭越しの向こう正面の外壁
画全体に主題が行ってしまうので、なんだか、何を撮りたいのかがボケてしまうのか・・・。
撮った写真を見ていても、答えの出ない試行錯誤が続く。

花があるか、人がいるか、なんとかin回廊としたなら、絵になりそうな気もしますね。
写真にも、前ボケ、後ろボケがありますが、写真も、主題ものっぺりしてしまってますね。
面+面+面って感じです。
2020.06.16

フォントネー修道院の回廊列柱中庭側

上手く撮れない回廊は、全てのパターンを、撮っておこう。
次は、中庭側から、回廊の柱を撮ることだ。

回廊だか、なんだかわからない。
しかし、結構こちら側から見ると、ゴツいもんだなぁと、感心する。
いや、意外な気もした。

回廊の柱は、細い列柱のイメージだったからだ。
フォントネー修道院の柱の日の当たる中庭側
あとは、その雰囲気が、とっても、南国風なのだ。
瓦の雰囲気が、トロピカルというか、沖縄っぽいというか・・・。

瞑想、沈思黙考、修学ではなく、南国風、憩いの場として、設定されていたとしたら、人間らしいという気もしいないでもない。

写真の左端に、向正面の面も、入れたなら、もう少し、回廊らしく撮れたかなぁ?
2020.06.04

フォントネー修道院の回廊を撮る

さてさて、左右に伸びる回廊、中庭、回廊の列柱に続き、今度は、内外を両方写そうというもの。
なんとなく、撮りたいものが全体的には映っているけれど、漫然としている感じは否めない。
回廊4カット目という努力と、いまだに数歩プラス、右見て、左見て、ズームして、引いてみてというずほらさでの写真である。
フォントネー修道院の回廊と中庭の緑
自分にはない視点が、きっと必要ですね。
そのためには、多くの写真や、絵を見て、本を読み、音楽を聴かねばならないのかもしれません。
凡人故に、撮りたければ、努力せよという事か。

偶然撮れるためには、自分の頭で考えられる範囲で撮ってもきっとダメで、手が滑るとか、何かの設定間違えるとか、意識せずシャッター切っちゃったとか、事故に近い写真でないといけないのかもしれませんね。
想念の及ぶ範囲には、答えがなさそうで。
2020.05.23

フォントネー修道院の回廊列柱

さて、回廊写真は続く。
回廊のつながりを撮り、中庭を撮ったが、さてどうするか?

で次は柱を撮ってみる。
ここまで、回廊にはいってから、10歩も歩いていまい。

なんとも、いい加減にシャッターを切ってゆくのだが、それと正比例するように、いい写真は撮れない。
きっと、何が撮りたいかはっきりしていないのだと思われる。

そりゃ、回廊じゃないか!

そうも言いたくなるのだが、回廊の何ってなっていかないと、回廊そのものは大きいから、ぼけてしまうのかなぁ?
フォントネー修道院の回廊の柱群
そういえば、この天井。
指先が、天井部分でぶつかったような、アーチ型の天井ですが、ヴォールト天井というのかな?

この回廊の廊下部分の空間を取り出したときに、かまぼこのような形になっているのであれば、それをヴォールトというのでいいのだろうか?
ピンと来ていないのだが、そう認識している・・・、今のところ。