2018.06.20

フトリエ通りの道しるべ

道の写真を撮るときは、記憶記録用に、道しるべをとることにしている。
そういう習慣づけをしておかないと、どこか忘れてしまうからだが、おかげで、つい見落としてしまいそうな部分も見つけられる。
撮った時じゃなくて、後で写真を見た時ということもある。

莫大な数の写真を撮るから、あとで見るのは何年もあとになることもあるが、ブログのおかげで、とりあえず、写真の復習はできる。
パリの道
パリのモンマルトルの丘、東斜面に、側道のように伸びる通り。
その通り名の看板は、建物が塗り替えられる前から、壁に貼りついていいたことはわかる。
道しるべの上にまで、ペンキが進出してきてますからね。
まあ、フランス人の仕事ぶりって、確かに、こんな感じかな?とも思いますね。
これは、いい意味でも、悪い意味でも。
おそらく、目的と程のバランスは、きっとこれで取れているのだと・・・。

もう一つ、Iの文字の上のハートマーク。
おそらく誰かが、後から足したものに違いないけれど、これも、フランスらしいですかね。

雑だけど、必要十分ないい加減さ。
絵心。
スポンサーサイト
2018.06.14

Rue Condorcet コンドルセ通り

個人的には、結構好きな雰囲気のとおり。
真っすぐ続く道だが、向こうで曲がっていて、先は見えないタイプ。
奥行は感じられるし、通りの建物の装飾のおかげで、立体感もある。
パリの道
ただ、光の明暗が激しすぎて、カラーにすると、明暗どちらかが犠牲になる。
場合によっては、双方とも。
9区を東西に走る通りの一部をなすコンドルセ通りであるが、東西だけに、日が当たりづらいのだ。

色を消してみると、まあまあ、雰囲気伝わるかな?
2018.06.07

Rue Paul Albert ポール・アルベール通りの階段途中

よく考えてみると、ど真ん中に柱の並ぶ、変な構図なのだが・・・。
階段はどうもむつかしい。
でも、何パターンも何パターンもとった中で、これが突出してよかった。
遠近感と、階段の雰囲気は、これが一番かなぁ?
パリの道
モンマルトルの脇、階段の向こうはふつうの坂道になっているポール・アルベール通り。

どうしたら、気に入った階段写真が撮れるのか?
そこそこ、うまくいったと思ったのだが、そう思ったのは、帰宅後の写真を眺めてからのこと。
どうやって、どんなレンズで撮ったんだっけ?

まあ、街灯の並びの構図は、結構間抜けな感じなんですけどねぇ。
2018.05.31

Rue Rodier ロディエ通り

アンヴェール広場からサクレクールが見えるのだが、それを背に、9区の坂を下ってゆく。
ロディエ通りを下り始めると、つい先ほどとは、全く違うモニュメントが目に飛び込んでくる。
パリの道
モンパルナスタワーが、通りの向こうをふさぐようにそびえている。
脇に立つプルマンホテルも見える。
パリの道
通りを拡大して撮ってみると、実はこの通りも、ホテルが多いようだ。
車の屋根、パリの家々の屋根。
その先に、敢然と建つ一本指。
あのビルができたことで、この通り、風景変わったんでしょうねぇ。
でも、モンパルナスタワーが印象的に見える通りの指折りであることは間違いなさそうだ。
縦横無尽に走る通りと、起伏と、モニュメントの数々が、こうした風景を無数に生んでいるパリ。
2018.05.17

Rue André del Sarte アンドレ・デル・サルト通り

モンマルトルの右側。
基本、丘へ上る坂道の多いエリアなのだが、布屋街の裏手は、丘の脇の平坦地。
パリの道
奥に見える緑は、モンマルトルの丘である。
もっとも、丘の始まりはどこかということ自体むつかしいが、まあ、境目といってもいい。

この界隈は、かわいらしい雑貨屋などが並ぶ。
すぐ近くながら、観光客の導線から外れるからか?
そんなに多くの人はいない。
足を延ばす人は、目当ての店があるか、散歩好きか?
2018.05.10

Place d'Anvers アンヴェール広場から

メトロ2号線のアンヴェール駅は、サクレクールへの最寄り駅。
サクレクール寺院は18区。
駅降りて、反対側へ行けば9区。
駅近くのアンヴェール広場。
パリの道
ふと、この広場に出ると、サクレクールが、デン!とのぞいていた。
単体よりも、こうして比較対象があるほうが、個人的には好きな構図です。
2018.05.03

Rue Gérando ジェランド通りの向こう

パリ9区。
サクレクール寺院のおひざ元。
メトロ2号線のアンヴェール駅にほど近いところ。
パリの道
通りの向こうにふさぐ蓋のように見える、大きな木が丸くて印象的で一枚撮ったのだ。
印象的なのはそれだけじゃなかった。
通りの両側の建物の装飾もなかなか重厚。
このあたりに昔、モンマルトル屠場があったらしいのですが、時代とともに、ずいぶんと雰囲気は変わるものですね。