2017.07.18

カタール航空でパリへ行8

帰国便のカタール航空。
パリからドーハ。
カタール航空
帰国直前には、周りの国との断交が報じられましたが、ドーハには、エミレーツ航空の姿も。
もっとも、直後だったから、この後、UAEへ飛んで終わりという飛行機だったのかもしれません。
特に何もない平常の雰囲気のドーハでした。
お土産を買いこんで、成田行きへ。
カタール航空
英語を聞き取れないからもあり、ライスを選んだら、カレーでした。
あえて、ここで食べなくてもよかったかな?
普通においしいですけどね。
カタール航空
到着直前は、ランチということでしょう。

どこの国も、エコノミークラスでは、食事に大差はないですが、ここはグローバルな感じですね。
アラブだけに、アラブらしいということはなく、こぎれいにまとまった感じでした。
スポンサーサイト
2017.07.11

カタール航空でパリへ行7

ドーハからパリは、朝出て昼着。
カタール航空
朝ごはんとランチになる。
朝は、オムレツとソーセージ。
昼は、サンドイッチなどの軽食。
カタール航空
最近は、LEDの発達で?機内がピンクのライトだったりするので、写真がなかなか思うようには撮れないのだ。
食事の時間は、おいしそうに見える電球色照明してくれるようにならないですかね?
その方が、機内食の評判も上がりそう。
2017.07.04

カタール航空でパリへ行6 A380に乗る

あれっ?狭い!
これがA380 の最初の感想。
とにかく多くの人を運ぶため、機体はデカいが、詰め込まれている感じもする。
カタール航空
人気路線には、ピッタリの飛行機なのだろう。
カタール航空
列は3列4列3列。
席のピッチが微妙に狭いのだと思う。
日本からドーハまで乗った777に比べるとね。

まあ、こちらの方が、乗っている時間は短いのだが。
パリから、ドーハにかえってくときも、この飛行機になりそうだね。
2017.06.27

カタール航空でパリへ行5 ドーハの高層ビル

エアバスA380の写真を撮っていたら、向こうにビル群が見える。
目を凝らせば、どうも、ドーハのよく見る夜景のシーンのビル群ではないか!
ドーハ
そう思って、ビルに向かってカメラを向けて撮る。
ドーハ
この場所は、搭乗が始まってから入ったエリアだけれど、どこか、レストランとかから、ドーハの夜景が見れたのですかね?
空港からみえているなんて、パリに行く直前に知ったのである。
2017.06.20

カタール航空でパリへ行4

待合室の外に停まっている飛行機を撮影している人がパラパラいた。
何かと思ってみてみたら、エアバスA380ではないですか。
見るのも初めてだったので、待合室越しに一枚。
カタール航空
待合室内に入ると、お隣の飛行機は、またしても、A380。
至近距離で撮れるので、やはり、写真撮っている人が結構いる。
こちらでも、一枚。
カタール航空
拡大して一枚。
カタール航空
そして、自分が乗る飛行機も、どうやら、A380のようである。
このお隣にいたのだが、羽の位置が同じなのだから、きっと。
いやぁ、頭デカい飛行機ですねぇ!

それにしても、何機もっているのですかね。
2017.06.13

カタール航空でパリへ行3

カタールのドーハの国際空港は近代的である。
まあ、世界中どこもそうであるが、ここは、結構シンプルだった。
ドーハ
どんどん拡張されているのかどうか?
以前は、搭乗するのに、バスにずいぶん乗ったという話を聞いていたが、今回は、そういうことはなく、スムーズに乗換できた。
ドーハ
ここでは、搭乗券にゾーンが記入されている。
搭乗前室にはいると、そのゾーン別に座る場所が分かれている。
別れているというか、立て札が建っている程度の話であるが。
その、ゾーン別に、搭乗案内が合って乗り込んでゆく。
ドーハ
次ぎ搭乗する飛行機が、A380だったから、順番にしないと、混乱してしまうからかもしれない。
パリ行きの前室は、人人人であった。
2017.06.06

カタール航空でパリへ行2

ドーハに到着した。
マスコットである熊を撮っていると、ラマダン・ムバラクの文字が。
ドーハ国際空港
丁度、この日から、ラマダンが始まったようなのだ。
ラマダン・おめでとうの意味なのだそうだ。