2017.07.27

シェルブールのヨットハーバーにて

ナポレオン広場の先に、ヨットが多数繋留されている。
ノルマンディ、ブルターニュ、アキテーヌ、コートダジュールと海岸線は長いが、ここはとくに有名な港町。
シェルブール
ここは、映画以外では、原発とか、そういったニュースでよく聞く町だけれど、こうして青い海と青い空と白い船を見ていると、優雅で平和ですね。
スポンサーサイト
2017.07.26

サンフロモンからサン・ジャン・ドゥ・ダイへの道のり

長方形の二辺を通って、サン・ジャン・ドゥ・ダイからサン・フロモンへやってきた。
残りの二辺を通って、サン・ジャン・ドゥ・ダイへ帰るのだが、その一辺が終わったところ。
サンフロモン
修道院付近から、まっすぐ歩いてきた道は、ここで行き止まり。
T字路に来たから、当然左のはず。
モンバール
道標は、サン・ジャン・ドゥ・ダイまで3キロを示してくれている。
間違うことはない田舎の道であるのだが、こうして、表示を見つけると、初めての道だけに、安心感はありますね。
2017.07.25

モンバール駅にて

スミュール・アン・オーソワの指輪祭りに出かけた。
ここ、モンバールまでは、TGV。
パリを出て1時間。
ここまでノンストップ。
モンバール
この駅でバスに乗り換えて、スミュール・アン・オーソワへ行くのだが、宿はお昼過ぎからチェックインということで、今回は、ここでTER鈍行列車に乗り換えて、お隣のLes Laumes-Alésia(レ・ローム・アレジア)へ行く。
ここでは1時間近い待ち時間があったから、駅前のカフェへ。
モンバール
駅の写真を撮っていたのだが、中央のお庭部分に、銅像が。
この地方の伯爵、ビュッフォンの銅像。
ご領主様であって、科学者なのだそうだ。

詳しくは知らないけれど、こういう人々に、本やら、旅やら、どこで再会するかわからないからね。
縁は作っておいた方がいい。
2017.07.24

シャンティイ城 戦いのギャラリー

お城に広間というか、回廊というか、細長い部屋はあるものなんですね。
踊ったりするから?
ともかく、ここは、戦の絵が飾られています。
華やかなというより、絵画のギャラリーですね。
シャンティイ城
上は、戦の手順となっている画でしたが、それぞれの絵に、その説明がならんでいるということでしょう。
ここのギャラリーの絵は、こうした説明画が多いです。
シャンティイ城
鏡と絵が順に並ぶ長い部屋。
鏡と細長いは、ベルサイユを思い出しますね。
シャンティイ城
ライン川渡河戦。
コンデ公のことを描いたものでしょう。
画家はルコント。
2017.07.23

ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア

大聖堂脇にあるアーケード。
ここが、東京ディズニーランドのモデルになったのだそうだ。
そう、ガイドさんから教えてもらったのだが、東京ディズニーランドへ行ったことがない。
ええっ!とよく言われるのですが・・。

お城は、ドイツのノイシュバンシュタイン城からとすれば、東京ディズニーランドは、日独伊3国合作の模様。
もっとも、きな臭くなく、夢の国ですから、素晴らしいことですね。
日独伊”米”でした。
ミラノ
個人的には、このアーケード、デカい!
フランスのパサージュと比べると、デカさがすごい。
距離がそんなに長く見えないのは、幅と高さがあるからでしょうね。

アーケードというのは、”天井で覆われた”道だそうで、その意味では、パサージュは、アーケードとは”つい”になる単語じゃない。
パサージュは、天井必要ないですからね。
これだけ巨大なものが、パリにあったとして、パサージュって呼ぶんですかね?
ギャルリーラファイエットの店内とか、ボンマルシェの店内とか、思い出しますね。
そうでなければ、オルセー美術館か、リヨン駅か?

どちらかといえば、鄙びた場所が好きですが、これはこれで、いいですね。
喧騒にもまれた自分も。
広いから、人が多くても、パーソナルスペースが確保しやすいんでしょうね。
2017.07.22

Passage du Havre ルアーブル小路

サンラザール駅の近く。
ぶらぶらしていると、パサージュの入り口を発見。
ルアーブルとつくのは、サンラザールから出かけられるノルマンディの地名からなのだろう。
東駅はアルザス、モンパルナスはブルターニュといったのと、同じようなものに違いない。
パリの道
どんなパサージュか?
そう思って入ってみると、近代的なショッピングモール。
パリの道
中央部分のエスカレータは、もっとも、ガラスガラスした部分。
パリの道
よく見ると、fnacの文字が。
ああ、サンラザール駅前のfnacの裏側なんですね。
2017.07.21

レジェローヴァ通りを渡る

大通りであるが、この通りもカラフルで整然としている。
メトロ駅イ・ペ・パヴロヴァ駅へ向かう途中、駅目の前から一枚。
プラハ
遠くの通りを二するように立つ高層ビルは、ホテル。
近代的な建物だけに、プラハでは、古い町並みからは離れた場所に立っているのだろう。

渡る途中に写真を撮るのは、焦るんですよね。

なにしろ、カチカチカチカチと、信号タイマーの音が聞こえるのです。
ここ以外でも、あちらこちらの信号で。