FC2ブログ
2020.07.31

ボルドーの自由の女神

ボルドーのサンジャン駅に到着した。
ポワティエ経由の在来線特急だ。
移動時間が長い分、遠くの土地へやってきたぞと、荷を背負うのも気合が入る。
ボルドーのピカール広場に立つ自由の女神像
しばし、うろうろすると、観光局らしきものが駅コンコース内に。
そこで、たしか、一週間券を買った。
もう、買い足す必要もないし、チケットどうするか考える必要もない。
気の向くままに、公共交通機関を使える。

トラムで、最寄りで降りると、宿へ向かう。
途中、コインランドリーと、パン屋と、スーパーと、自由の女神を発見。
宿へチェックインしたら、洗濯中に、パン屋とスーパーへ行き、乾燥中に、自由の女神の写真を撮る。

脇にある木とガラスのボックコロナの今は難しいけど、こういう共有はいいね。フランス人らしいか。
スポンサーサイト



2020.07.30

ヴィエシェフラッドの民族墓地から望む聖ペテロ聖パウロ教会の屋根

チェコでは、とあるチェコ人によれば、神を信じる人は少ないそうだ。
その点、フランスとも似ている。
それでも、フランスもそうであるが、墓地と教会は、セットになりがちだ。
まあ、日本の、お寺とお墓と日本人の宗教観ともちかいかもしれません。
ヴィエシェフラッドの民族墓地から隣の教会の屋根を望む
教会を訪れる前に、墓地の緑越しに、尖塔の屋根を一枚。
細身の身廊の教会にかんじますね、ここからは。
2020.07.29

Rue Durentin デュランタン通りのうねり

通りは交差点から少し折れる様に伸びている。
しかも、この通りは、駒幕アップダウンしている。
モンマルトルの丘から伸びる斜面の尾根や谷を下る通りを横切りながら行くので、断面はジグザグ。
歩いてみれば、アップダウンの繰り返しとなる。
交差するモンマルトルの坂 うねる道と並ぶ建物 デュランタン通り
トロゼ通りとの交差点付近手前から、撮ったのだが、トロゼ通りを越えれば下り、向こう、バス停付近から登っている。
複雑な地形と建物の織り成す調和が、モンマルトルの風景の楽しさだ。
2020.07.28

フォントネー修道院の回廊最後の写真

はい、最後の、後ろに下がってもう一枚。
これで良し、おしまい。
どれか、一つぐらい、いいのがあるだろう。
フォントネー修道院回廊 回廊の中で下がって、手前回廊部と中庭の緑と向こう側の回廊部
手前と奥が入っている方が、いい写真が多かった気がする。
でも、これは、適当にシャッター切った感じが、出てますね。
前後左右ばかりに動いてましたが、これ、しゃがんで、手前の床も入れて、広角で撮ったらどうだっただろう。
そう思いますね。
時遅しですが。
もっとも、その出来上がりが完全にイメージできない。

ただ、今もって、出来上がりがイメージできていないのだから、しゃがんだところで、次いつかしらの回廊も、失敗と首傾げが、続きそうだ。
センスない分、多くのアングルを、撮って撮って、後から考えるしかないですね。
もちろん、他の人の写真や絵を見ることも大事かな。
2020.07.27

モルジウカランクの小ビーチ

見えた小さな入江のビーチへ降りて行く。
船着場は、その雰囲気が、カランクらしくはないが、ここは、崖を下るところから、カランクらしい。
モルジウカランクの小ビーチ 横向き写真 透明な水と向こうの岩肌
透明な海と、マリンブルーの海がグラデーションして見える。
モルジウカランクの小ビーチ 縦向き写真 砂と透明な水と向こうの岩と
マルセイユの旗の色のように、白地に切れ込むブルーの細線こそカランクなのだ。
2020.07.22

シャンポーの夕暮れ

疲れた。
そろそろ寝ようかな?

外はまだ明るいようだけど、部屋の中はもう薄暗い。
ライトがないと、字を読めない程度だ。
シャンポーの丘とモンサンミシェルの夏の夜の夕景と長い影
このぐらいの明るさならば、寝られるかな?
それとも、バルを閉じるか。

そう思って、もう一度外を見ると、夕陽に、影が伸びる。
もう一度、就寝前に一枚撮って、おやすみなさい。
2020.07.21

Plac Zamkowy ザムコヴィー広場

旧市街と、王宮に挟まれた広場。
ここから、ピヴナ通りに向かって一枚。
ワルシャワ旧市街広場への入口
カラフルな建物の並び見つつ、ここから、旧市街広場を目指す。
プラハなどと比較すると、濃い色が多いですね。