2018.02.19

マルセイユ サン・シャルル駅にて

マルセイユ・サン・シャルルの駅名板の重なりを撮る。
マルセイユ
おっ、駅名板の重なりに、プロヴァンス・コートダジュール地方カラーの列車が停まっているところを、もう一枚。
おや、背後の、窓ガラスの装飾は、なんだか、新しいぞ?
マルセイユ
なんだか、駅のコンコースも、ここ10年で華やかになったような?
で、一枚。
マルセイユ
10年ひと昔とは、そりゃ、そうだよねと思いながら、ひと昔前の雰囲気も、全く思い出せずに、一枚。
右奥には、バスターミナルへの連絡エリアもあったが、こんなにきれいで広かった?
スポンサーサイト
2018.02.18

メラーノ到着

メラーノの町に到着した。
駅は終点一つ前で降りた。
線路わきには、川が流れている。
石灰なのかどうか?ちょっと白っぽいブルーに見える。
メラーノ
この川は、アディジェ川。
小さな川だ。
この川沿いを下ってゆくと、先ほど、この列車に乗り込んだボルツァーノ。
さらには、その前、オーストリア国鉄の列車に乗り込んだ、ロミオとジュリエットの街、ヴェローナ。
その先は、ベネチア南付近で、アドリア海にそそぐ、結構な川である。
なにしろ、日本一の信濃川より長い。
メラーノ
川の源流近くなのだろう、この南チロルが。
家々が、川向うに見えていたが、おそらく、あれらの中には、ホテルも多そうだ。
イタリアですけど、雰囲気は、やっぱりチロルですね。
2018.02.17

ワルシャワ スウジェヴィエッツ競馬場の風景

競馬場のパドック。
ここは、スタンドがドレスコードありですから、耳に赤ペン、手に新聞、ポケットになけなしの金という、競馬を知らない方が想像する場合によって、少々ネガティヴな印象からは遠いのかもしれません。
もっとも、”見た目”は実態を表さないですけどね。
ポーランドという国の競馬場には、場末感は漂ってはいません。
”怖い”イメージではないので、行きやすい場所であると思いますね。
ワルシャワ競馬場
どうやら、常設されている、ターフヴィジョン。
すなわち、大画面。
フランスの競馬場でも、多くは、移動式ですから、常設は素晴らしい。
まあ、競馬場の数が、この国の場合、圧倒的に少ないことも理由なんでしょう。
ワルシャワ競馬場
TOR SLUZEWIEC
TORは、コースという意味ですから、これで、スウジェヴィエッツ競馬場と訳せばいいのでしょう。
毎週末やってますから、ワルシャワを訪れるたび、週末挟めば訪問できそうです。
2018.02.16

Vinohradská ヴィノフラドスカー通りとトラムと停留所とお城と

この通りは、絵になるところが多く、結構お気に入りかもしれない。
トラムも通る大通りである。
停留所の写真を撮ろうと思っていたら、その先に、プラハ城が見えているのに気が付いた。
後はトラムを待つだけ。
プラハ
やってきた。

ザスターフカー。
停留所の意味。
乗っていれば、何度も何度も、この単語を耳にする。
2018.02.15

サクレクール寺院前から

来るたびに、一度は写真を撮ってしまいますね。
いつも同じなのに、いつもとは違ういい写真が撮れるのではないかと。
パリ
この日は、モンパルナスタワーを望む方向を一枚。

ここは、一種の終点ですから、ここまでくると、どこへ向かおうと、次は、丘を下ることに。
2018.02.14

Genetの町からモン・サン・ミシェルを

これは、何の写真ですかね。
空と草。
岩らしきものがプチプチと見えている。
モン・サン・ミシェル
モン・サン・ミシェルをいろんなところから見たい。
そんな時に、この町を発見。
ここはジュネ。
Genet
モンサンミシェルのユースホステルといえば、この辺りまでやってきてしまう。
遠い遠い。
そう思っていた場所だった。、
ここは、どうやら、歩いて、海を渡ってモンサンミシェルへ行く基地のような場所。
確かに、ただ泊まるだけじゃ、モンサンミシェルからアヴランシュまでやってきて、バス乗換。
かなり遠い。
モン・サン・ミシェル
だが、海越しのモンサンミシェルが見たいと思えば、この方向へ来ることになる。
そういう写真を撮りたいと思っていたら、モンサンミシェルの北西方向の海岸へ行くのがよさそうだと気が付いた。
望遠で拡大すると、このようになる。
モン・サン・ミシェル
もう一つの岩、トンブレーヌも見える
もちろん、これも、望遠で覗いてみたのもだ。

モントンブが、モン・サン・ミシェルで男岩。

トンブレーヌは女岩。
二つで夫婦岩に見える。
おそらく、だれでもだろう。

あそこに、修道院を立てようと思うかどうかは別として。
2018.02.13

スミュール・アン・ノクソワ 城壁公園手前の通り

城壁脇公園へ向かうときに、夕日の当たる、蔦の絡まる家がきれいに見えた。
身ながら歩いていたわけじゃないが、背後に何かを感じて振り返る。
スミュール・アン・ノクソワ
振り返ると、この家だけが、輝いて見えていた。
ゆっくりとした、夜の時間が流れる。
おそらく、8時をまわっていたのではないか?
日の長い6月。